子育て当事者はどこに?

今日は今月11月24日に予定されているつるみ子育て個育ちフォーラムの第三回運営委員会へパパサークル「つるpapa」の代表代理で出席しました。

今年19回を数える子育てを中心にしたフォーラムで、0歳から小学生くらいまで楽しめる遊びのコーナーや午後には講演会が予定されています。つるpapaとしてはひとまず裏方として一緒に運営に参加する予定です。

講演会講師の方は北島尚志さん。プレイベントで実際に同講師の場づくりに参加させてもらい衝撃を受けました。

始まってすぐに笑いが生まれ、それが場を和ませて緊張感を忘れさせてくれる。うーん、これを私がそのままやったらあかんなぁマネできひんと思いました。子供たちにとって、「遊びは主食」というコンセプトを大人に体感させてくれるコンテンツで、無心で遊ぶという時間がストレスフリーで開放的で生きてる心地をさせるものなのだなぁと素直に感じました。

この住職さんだって、心強いつるpapa仲間。

大事にしたいのは、「子どもたちと同じ目線に立つこと」と「大人が見てる目線にも立つ機会をつくること」。

どこかのイベントへ行くのは勿論楽しいけれど、多くの人が何かのお祭りで経験したように、自分たちで運営する方がもっと面白い。

子どもたちには是非その裏方や作り手を一緒に体験してほしい。

その場所はやっぱり生活の場に近い身近な地域だと思うんです。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
LINE@では最新情報をスペシャルコンテンツ(盛ってます…)でお届けしています。
ぜひお友達に追加してみてください。
友だち追加

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です